登山乗馬@秋田③

乗馬前に、ちょっと早くついたから日本海見に行ったぞ。
そこで読書したけど、対岸の彼女、心の狭い人ばっかりで読むの途中で辞めちゃったよ。
てか暇したぞ。秋田で。
ゆり高原ホースパークは10時前に着いた。
おばあちゃんとおじさんがやってて二人共いい人だった。よく世間話をしてくれたし、話を繋いでくれたし、なんかその感じを出すし。東京の人だからか。
乗馬は楽しかったぞ!
ちょっと高かったから緊張した。だからめっちゃ集中した。馬の行動を読もうと頑張った。
少し前目の姿勢でいるのがきっと馬もストレスじゃないはず。
足のかかとと腰が一直線であるのがいいそうだ。
あと、両足でお腹を叩くと進め、手綱を引くと止まれ、左右に引くと引いた方にまがる。
てか止まっちゃう。だからおじさんがずっと前にいた。一人で行けるようになりたいなー
肝心なのは馬を落ち着かせること。
気持ちが伝わるらしいから、どっしりと構え、馬が慌ててもこちらはそれをいなすぐらいの気持ちで。
なかなかうまくいかなかったが、駆け足で走れるぐらいになりたいなー

登山乗馬@秋田②

秋田駒ケ岳登山。
6時の田沢湖駅発のバスで出発。
相変わらず誰もいない。
7時には八合目に着いて登山開始。
少しモヤがかかっていたが、次第に晴れて山が見え始める。
木々のない滑らかな山と白い雪渓、少し咲いてる花々がきれいだった。
山は男岳、男女岳、横岳、焼森?を登頂。
最初の男岳は晴れていたので景色もよく見え、かなりきれいだった。
ペースは早めで、3時間ほどで八合目に戻り、ちょうど来たバスでそのまま降りて、水沢温泉へ。
硫黄の匂いが強い温泉らしい温泉でさっぱりして登山は終了。

登山前はかなり心細い思いだった。カナダとかにいる時のような。
人が誰もいないからだろうか、慣れない土地だからか。
こういうのは自分からの発信を多く強くして、とにかくアグレッシブに楽しむのが良い。
てか登り始めたら、その気持ちは消えたけどね。
代わりに過去と将来のことばかりが頭に浮かんできたけどね。
今を見てなかったなー
楽しくなかったのか?確かに心奪われるぐらい気持ちが高ぶったりはせず、どちらかというとジムでトレーニングしてる気分だった。
まぁちょっと感動が薄かったのかなー

ところでその後、レンタカーで走りながら新幹線こまちを見た。
高架以外を走る新幹線は新鮮で、在来線が走っていそうなところをでかい新幹線が来るんだから、間近で走っているところを見れて感動した。
あと角館の武家屋敷は少し見えただけだが、いい雰囲気だ。道に大きくはみ出た枝垂れの木と黒い木造の塀がいい雰囲気だ。
そして今飲んでるコーヒーが濃い味で量も多くてうまい。
いい。

登山乗馬@秋田①

田沢湖駅に来た。
22時過ぎ。
静か。
街灯少ない。
暗い。
溝に水がめっちゃ流れてる。
人いない。車もいない。人いない。
怖いね。

環境とか性格とか

この6月から仕事の環境が大きく変わったが、

性格も変わったように思う。

 

なんだか細かいことをそこまで気にしなくなった。

その分ストレスが減ったのか、そもそも気にしなくなったからなのか分からないが、

よくしゃべるようになったし、楽しいと思う時が増えたように思う。

相手の話ばかり聞こうとしなくなった。

自分の話をしゃべってもいいと、というか、特に気にせず、しゃべりたいことをしゃべるようになった気がする。

 

思い出した。以前は、相手のことを知ることしか考えてなくて、自分の話をすることが申し訳ないと、自分の話ばかりする人が嫌いで自分もそうなりたくないと考えて、自分が思ったことを極力言わないようにしていたっけ。

楽に生きるようにし始めた、ということでしょうか。

 

 

surface book レビュー ~初使用~

昨日surface bookを購入した。

詳細は以下の通り。

値段:17万円

HDD:128GB

CPU:intel core i5

メモリ:8GB

 

最初はsurface proの購入を考えていたが、家での使用が大半ということから店員にsurface bookを勧められてこちらに決めた。

bookは4万円程値段が高くなるため、少し迷ったが、

ディスプレイだけを持った時に軽さと画面が大きいことに惹かれ、少し高いがこちらに決めた。

使ってみた感想としては、ネットは全くストレスなくサクサクと見ることができ、画面が大きいので見やすく扱いやすい。

今後はタッチペンによる描画がどこまで使えるのか試していきたい。